女性が薄毛になる原因と対策法|薄毛に気づいたら最初にやること・確認すること

薄毛に悩む女性は年々増えていると言われています。

女性の社会進出や発言の機会が進み、以前は一人でこっそり悩んでいた「薄毛の悩み」に積極的に取り組む女性が増えてきたようです。年齢を重ねて行けば、男性と同じように女性も髪が老化します。ただし、男性とは対処法が異なるのも事実。

最近では女性用育毛剤や育毛ケアができるシャンプー、飲み薬・サプリメント、クリニックでの治療と豊富な選択肢があります

 

sara
sara

正しい原因と改善法を知って、前向きに薄毛の悩みを解決していきましょう。ここでは、女性の薄毛の原因5つと具体的な改善方法を詳しくお伝えしていきます。

 

女性が薄毛になるのはなぜ?原因5つ

brunfelsia_l

男性の薄毛は男性ホルモンの影響が一番大きな原因ですが、女性の薄毛はホルモンバランスの影響はもちろん、様々な原因が複雑に混じりあっていることが多いです。

ホルモンバランスの変化という点では、男性は男性ホルモンの増加が原因ですが、女性は女性ホルモンの低下が原因です。

それに加え、女性に多い悩みである冷え性はじめ様々な体質や生活習慣も原因になっています。

ここでは、女性の薄毛の原因を一つ一つ解説していきます。

原因①「女性ホルモンの低下」

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があり、このうちエストロゲンが毛髪の成長に大きくかかわっています。

エストロゲンは毛母細胞や毛乳頭の働きを活性化させ、脱毛ホルモンが発生するのを抑える働きがあります。また、頭皮の血流を正常に保ち、髪の成長を促す栄養をたくさん送り込むことで、ハリコシのある健康的な髪を維持することができます。

エストロゲンの分泌が活発な20代ごろまでは、髪も豊かに生え、体つきは女性らしく骨も丈夫に、妊娠出産にも適した体を保っていますヘアサイクルも正常なので、抜け落ちてもまたすぐに新しい髪の毛が生えてきます。

30代に入り40代が近づくにつれ、エストロゲンの分泌が徐々に減ってきます。そうすると肌からハリが無くなり、体型も崩れ始め、髪からツヤが消え、弱々しい髪しか生えてこなくなってしまいます。

髪は全体的に細くなり、均一にボリュームが減っていきます。この女性特有の薄毛の状態を「びまん性脱毛症」と言います

また、エストロゲンが減ることで女性にも存在する男性ホルモンが相対的に増加し、優位になってしまいます。女性でありながら「男性型脱毛症」を発症するということになります。

症名は「女性男性型脱毛症(FAGA)」と言います。FAGAの場合は、前頭部がより薄くなるのが特徴です。

参考記事:女性の男性型脱毛症(FAGA)はどんな症状?原因と治療法を解説!

こういうエストロゲンの減少しやすさなどは、遺伝による体質も関係あります。親が薄毛だと子も薄毛になりやすいのはそういう体質を受け継いでいるからです。

女性がかかる男性型脱毛症と言っても、育毛剤や内服の育毛薬などは、女性が服用を禁止されているものや塗布の濃度を制限されているものがあります。女性の薄毛には女性向けの育毛剤・育毛薬を使わなくてはいけません。

原因②「血行不良」

健康的で美しい髪が生えるためには、正常な血流が保たれていなければいけません。髪が生えるもとの機関である毛乳頭には、血液に乗って栄養が運ばれていきます。

血行不良気味の人の頭皮は、健康な頭皮と比べて色が悪いです。健康な頭皮が澄んだ青白い色なのに対し、血行不良の頭皮は赤黒くくすんでいます。

血行不良は頭皮には薄毛となって表れ、体には冷え性となって表れます。

血行不良になる原因は色々ありますが、生活習慣や体質、ストレスなど複合的な要因です。

原因③「生活習慣」

 

生活習慣とひとくくりにしてしまいましたが、主に「食生活」「飲酒」「喫煙」などがこれにあたります。

「食生活」

食生活には好みはもちろん、その人の経済的事情でどうしてもそうなってしまっているケースもあることと思います。とはいえ、髪と頭皮に良くない食事をしているのなら、できる限り改善したいものです。

頭皮に良くない食事というのは、血液中の脂肪分を増加させ正常な血流の妨げになるようなものです。揚げ物や油っぽい肉料理、糖分の過剰摂取などもこれにあたります。

血流が滞ると「原因②」で解説したように頭皮に栄養が行かなくなり健康な髪が育ちません。

また、過剰に分泌された皮脂が頭皮の毛穴に詰まることで髪の成長も阻害します。洗髪時に洗い切れなかった皮脂が頭皮に残ると皮膚炎を起こす場合も。皮膚炎のある頭皮は毛乳頭の働きも良くありません。

「飲酒」

まず、飲酒と言っても時々たしなむ程度の飲酒なら良いのですが、問題は毎日大量のアルコールを摂取するケース。

アルコールは体内に摂取されると、肝臓で分解されます。その時に肝臓で消費されるのがアミノ酸である「システイン」や「メチオニン」です。

また、肌の新陳代謝に大きくかかわる栄養素「ビタミンB」も同様。毛母細胞に送る栄養素であるアミノ酸や頭皮の新陳代謝に係るビタミンBをここで無駄に消費してしまっては、髪の成長に良くない影響があるのは明らかです。

「喫煙」

タバコが薄毛の原因になり得る理由は、「血流への影響」「栄養素吸収の阻害」「抗酸化物質の増加」の3つがあります。つまり、全方位から髪の成長を妨げているということに。

タバコを吸うとニコチンによる刺激で血流に変化が起き、血圧が上がります。喫煙者なら、タバコを吸いこんだ瞬間、胸がドキドキと鼓動をした経験があるのでは?

この急激な血流の変化の裏で、頭皮の毛細血管が収縮し血行不良を起こしていることまでは想像できないかもしれません。

また、喫煙することで悪玉コレステロールも増加します。髪はケラチンというたんぱく質からできていて、ケラチンは18種類のアミノ酸で構成されています。髪のもとを作っている毛母細胞にもアミノ酸が栄養素として必要ですが、喫煙で増えた悪玉コレステロールを低減するのにもアミノ酸が大量に消費されてしまいます。

本来は髪のために使いたいアミノ酸が、悪玉コレステロール退治のために使われてしまうと薄毛の原因に繋がってしまいます。

喫煙することで体内の抗酸化物質も消費します。抗酸化物質が減ると、相対的に活性酸素の増加につながります。活性酵素は体全体に悪影響を及ぼす物質です。

活性酸素は本来不飽和脂肪酸である頭皮の皮脂を過酸化脂質に変え、有害物質にしてしまいます。

また、細胞を傷つける活性酸素は毛母細胞をも傷つけます。髪を生み出す機関である毛母細胞に影響があれば、薄毛の原因になり得るということです。

薄毛改善だけではなく健康・美容のためにも禁煙をおすすめします

原因④「ストレス」

girl5_l

よく「悩みすぎて禿げたー!」なんて言いますけど、実際にストレスは薄毛の原因になりえます。人間だけではなく、動物もストレスによって毛抜けを起こすのを知っている人は多いのではないでしょうか?

これまで何度も解説していますが、血行不良は毛乳頭への血流を滞らせるので、栄養が血液によって運ばれるのを阻害してしまいます。

ストレスを受けると自律神経が緊張し、血管の収縮が起こります。血管の収縮が血流の滞らせることで頭皮の血行不良に繋がるんです。

ストレスは頭皮だけではなく、内臓など全身に影響があります。内臓機能をストレスから守る際にも体内にあるアミノ酸やビタミンなどの栄養素が消費されてしまいます。この結果、本来毛乳頭や髪に行くはずの栄養が使われてしまうという訳です。

原因⑤「ヘアケア習慣」

現代の日本では根付いた清潔志向から、ほとんどの人が毎日洗髪する習慣があると思います。

頭皮は体のどの部分よりも皮脂分泌が多く、きちんと洗わないと皮脂と角質が混ざった角栓ができ、毛穴をふさいでしまいます。

正常なヘアサイクルであれば、たとえ毛穴に角栓が詰まっていても毛髪が動いたり成長したりすることで簡単にポロリと取れます。だけど、ヘアサイクルが乱れている人は頭皮を清潔に保つように気を付けましょう。

また、それ以上に洗髪でのダメージにも気を配らなくてはいけません。

薄毛になってしまうヘアケア習慣は、実は「洗いすぎ」が一番の原因です。

戦後から徐々に普及していったシャンプーで頭を洗うという行為は、80年代の朝シャンブームで1日1回どころか2回も行う人まで現れました。清潔志向に拍車がかかった結果、洗いすぎの女性が増え、パーマやカラー、エクステなどのダメージも加わって薄毛の女性が増えてしまったと言われています。

でも、安易に湯シャンやシャンプー回数を控えるケアを取り入れるのも注意が必要。大気汚染が進み、ヘアスタイリング剤が習慣になった現代では、昔と同じヘアケアでは清潔が保てません。

「薄毛の予防はしたい。でもシャンプーしないのは無理・・・。」という人が多いかと思います。

それなら、せめて頭皮への刺激が少ない優しい洗浄力であり、頭皮ケアの成分も配合されたシャンプーで洗ってあげましょう。洗い方も爪を立てずに指の腹で洗い、よくすすぐのが大切です。

また、シャンプー後に使うコンディショナーやトリートメントを頭皮に付ける習慣のある人は注意。本来、髪の毛だけに付けるものなので、頭皮に付けると残りやすいうえに刺激になる成分が含まれている場合もあります。

コンディショナー、トリートメント類の成分はシャンプーほど気にしなくても大丈夫ですが、「頭皮にはつけない」など使用法には注意が必要です。

薄毛を改善するには?

女性の薄毛の治療法を解説!

まず、あなたの薄毛がどの段階なのか?深刻度によっても最初の対応が違います。

  • 年齢とともに徐々に薄くなってきた。ハリコシがないのが気になる。
  • 出産後の抜け毛が多く、全体的に薄くなってしまっている。

このどちらかであれば、自宅での育毛ケアで大丈夫です。でも、

  • 全体的に地肌が透けて見えるほどの薄毛。
  • 年齢が若い(10~20代)なのに薄くなっている。
  • 部分的にすっかり抜け落ちている。
  • 頭皮が異常に脂っぽい。

などなど、通常とは違うレベルでの薄毛・抜毛の症状があるなら、自己判断・自己流のケアはせずにまずは病院での診断をおすすめします

頭皮の皮膚疾患が疑われる場合は皮膚科を、過度なストレスが原因ではと疑われる場合は心療内科を、ホルモンバランスの異常ではというケースでは婦人科を受診します。

次からは薄毛の具体的な対処法について一つ一つ解説していきます。

自宅でのヘアケア篇

まず一番始めにするのは「頭皮へのダメージを減らすこと」です。

ダメージと言うのは、パーマやカラーの液剤によるダメージ、間違った洗髪のやり方、刺激の強いシャンプーを使っていることなどです。

薄毛に気が付いたからと言って、今までのヘアケアのやり方のまま、むやみに育毛剤をふりかけてみても効果が出ません。

まずは、いま頭皮に与えてしまっているダメージを最小限まで減らすのが先決!

自宅でのヘアケアは、まず頭皮を洗いすぎないこと。頭皮に保湿と栄養を与えることが大切です。

その次にすることは、頭皮に栄養を与えること育毛剤でのケアと同時に血行を良くするためのマッサージ等も取り入れていきましょう

シャンプー

薄毛が気になる人におすすめのシャンプーは、洗浄力が強すぎずに頭皮の清潔感を保てるものがおすすめ。

最近一般の店舗で市販されていることも多い「アミノ酸シャンプー」が育毛に最も適しています。もし硫酸系のシャンプーを使っていたら、すぐに洗浄成分がマイルドで優しいアミノ酸シャンプーに切り替えることをおすすめします。

アミノ酸シャンプーと一口に言っても、配合成分からお値段まで色々あります。そこで、育毛に適したシャンプーをランキングでまとめた記事があるので、目を通してみてくださいね。

女性用育毛シャンプーランキング

育毛剤

女性用の育毛剤も最近では多くの商品が発売されるようになってきました。これは、女性の薄毛が増えてきている背景があるとともに頭皮ケアへの意識が高まりつつあるからです。

男性の薄毛とは対処法が違う女性の薄毛。育毛剤もやはり女性専用のものがおすすめ。こちらもどんな商品を選べばよいのかトップページで紹介しています。

参考記事:「女性用育毛剤のおすすめランキング!厳選6つをレビュー付きで紹介!

マッサージ

この場合のマッサージは頭皮のマッサージですが、頭皮だけじゃなく顔や首までまとめてマッサージするのがおすすめ。頭皮の血流をよくするついでに顔のたるみ予防にもなります。

マッサージのやり方は、自分に合ったもので構わないのですが、毎日習慣化することが大切です。

参考までに一つ動画をご紹介します。

食生活

昔よくおばあちゃんに「ワカメ食べるといい髪が生えるよ。」なんて言われませんでしたか?お気づきのように、ワカメさえ食べていればツヤツヤの健康な髪が生えてくるわけではありません(笑)

偏った食生活ではなく、バランスの良いヘルシーな食事が一番髪にとっても良いのです。

髪は18種類のアミノ酸で構成されているケラチンというたんぱく質でできています。健康な髪を育てるための食事は、脂分・糖質は控えめ、上質なたんぱく質を豊富に含んでいるものです。積極的に食べるようにしましょう。

参考記事:髪に良い食べ物【厳選】6つ|女性が見落としがちなあの食材が重要だった!

サプリメント

いくら髪と頭皮に良い食材がわかっていても、毎日の忙しさで思うように摂取できない人も多いでしょう。忙しい人ほど食事の手間を省きたいので、髪に良い食事どころか、インスタントや油っぽいものなど逆に髪にとって良くない食事のほうに傾いてしまいがち。

そういう人にとって、せめて手軽にという手段で栄養を摂取できるのが育毛サプリメントです。

また、フィンペシアなどの飲む育毛剤は、男性専用なので女性は飲むことができません。女性用の飲む育毛剤も存在しますので、女性はそちらを服用します。こちらは、栄養補助も兼ねた「医薬品」の扱いになります。

値段的にはどちらも同じくらいですが、飲む育毛剤(医薬品)はクリニックで処方してもらうか個人輸入で海外から取り寄せることになります。

参考記事:「女性用の飲む育毛剤のおすすめランキングと成分や効果を徹底解説!

クリニックでの治療

この記事の冒頭でも解説済みですが、深刻な薄毛や急を要する症状がみられる人、また早く確実に薄毛の改善をしたい人はやはり専門家である医師の診断を受けましょう。

「受診するのが恥ずかしい」「どこに行けばよいのかわからない」「お金がすごくかかりそう」などの心配もあると思いますが、自己判断で行った自己流ケアで症状が悪化してしまっては大変です。

薄毛の原因によっては保険適用内になりますが、一般的に加齢やヘアケアでのダメージが原因の薄毛は美容医療となり保険外での治療になります。

病院に行く行かないの判断や病院選びで迷う方のために、より詳しく解説した記事がこちら:「女性の薄毛治療の病院選び、どうすればいい?

ウィッグ

薄毛が回復するまでの地肌隠しにウィッグを使うのも一つの手です。

オーダーウィッグなどは「高そう」という印象もありますが、若い人がおしゃれで使うウィッグのような安価で買いやすい商品もあります。

ただし、頭皮に負担をかけない使い方をしなくてはいけません。一般的に部分ウィッグよりはフルウィッグのほうが頭皮への負担は少ないですが、蒸れには注意です。

通気性や使用感の良いものはやはりお値段も高く、難しい所でもありますが、ウィッグでよけい薄毛が進行してしまっては本末転倒です。品質にはこだわって、安心して使えるものを選びましょう。