紫外線は髪や頭皮へどんなダメージがある?防ぐ方法とダメージをうけた時の対処法も解説

紫外線の髪への影響

春から夏にかけて紫外線の量も増えるので、お肌にはUVクリームを塗ったりと紫外線対策を欠かさない女性も多いですよね。

ところが、肌よりも紫外線を多く浴びているのが髪や頭皮なんです。直射日光が直接あたる髪や頭皮は、防御しない限り常に無防備で紫外線を浴び続けています。

紫外線は春や夏だけでなく、実は1年中降り注いでいます。そのため、髪や頭皮は一年中紫外線を浴び続けているということになります。

顔や身体であれば、日焼けをしたりシミが出来てしまったりするので、すぐに気が付きますが、髪や頭皮へのダメージには気づきにくいものです。

紫外線を受けるとシミが出来るのは、光老化という現象が起こっているからです。光老化とは、紫外線が肌の内部にまで到達して少しずつ細胞を破壊し、老化現象を引き起こすものです

 

実はこの恐ろしい光老化の影響が深刻なのは、肌よりも髪や頭皮です。

 

髪や頭皮こそが体の中で一番光老化が起こりやすい場所と言えます。

紫外線が髪と頭皮に与える悪影響にはどんなものがあるの?

紫外線を浴び続けた髪は、さまざまな症状が現れてきます。髪の内部にあるメラニンを紫外線が分解していくので、健康でツヤのある髪も赤茶けたり白っぽく不健康な髪になってしまうのです。

さらに毛髪の内部にある結合部分のシスティンにもダメージが加わるので、髪の毛が不自然に切れてしまう切れ毛や枝毛といった症状も起こってきます。髪が乾燥したりパサついたり、枝毛や切れ毛が増えるといった症状は紫外線による光老化によるものです。

紫外線はこのように健康な髪に大きなダメージを与えていくのですが、頭皮へのダメージも深刻です。頭皮は髪のように目に見えた症状が現れにくいので、さらに気づくのが遅れてしまいます。

髪を作っている毛母細胞が、長期にわたる紫外線ダメージによってその働きを低下させてしまいます。毛母細胞がうまく働かなくなれば、髪が抜けてしまったり、さらに深刻になれば髪そのものが作られなくなってしまいます。つまり抜け毛や薄毛といった症状が起こる可能性もあるのです。

また、毛根の中にある毛を黒くする細胞も紫外線によるダメージで破壊されてしまうと、白髪も目立つようになってきます。

このように紫外線は、時間をかけて健康な髪や頭皮にさまざまなダメージを与えていきます。

髪がパサついたり枝毛や切れ毛が増えるだけでなく、白髪や抜け毛、薄毛などの原因にもなるのが紫外線です。

白髪や薄毛は加齢による原因だけでなく、紫外線による光老化の影響の可能性も十分に考えられます

髪と頭皮を紫外線から守るには?

帽子

健康な髪を保つためには、紫外線から髪や頭皮を守ることがとても大切です。そのために一番手っ取り早い方法が、帽子をかぶることです。

ツバが広めで通気性の良いもの、夏には麦わら帽子が最適です。

日傘

または日傘をさすのも有効な方法です。

帽子や日傘もいろいろな種類がありますが、生地にUVカット効果のあるものがより効果的です。

髪専用UVスプレー

日差しの強い夏には日傘をさしたり帽子をかぶる人も多いですが、紫外線は1年中降り注いでいます。秋や冬には麦わら帽子をかぶったり日傘はさしにくいという人もいるでしょう。

また、最近は男性でも日傘をさす人が増えていますが、それでも日傘をさすことに抵抗がある男性も多いかもしれません。そんな時には、髪や頭皮専用のUVスプレーを使うのがおすすめです。

肌に使うUVスプレーではなく、髪や頭皮専用のものが市販されているのでチェックしてみて下さい。ヘアスプレーと同じ要領で、出かける前などに髪全体にスプレーするだけです。

保湿ケア

対策をすると同時に、ダメージをうけた時にはしっかりと髪や頭皮のケアを行うことも大切です。紫外線でダメージを受けたとしても、その後にきちんとお手入れすれば髪や頭皮への影響も軽減できます。

お肌と同様に、頭皮もダメージをうけたら保湿ケアをするのが有効です。紫外線による影響で乾燥しているので、十分に保湿してあげることが大切です。

顔なら化粧水や美容液などで保湿ケアをしますが、頭皮の保湿ケアは育毛剤で出来ます。保湿や炎症を鎮める作用がある成分が育毛剤に配合されているので、きちんとケアしましょう。

頭皮マッサージをしたりヘッドスパに行くのもおすすめです。

【まとめ】

  • 紫外線は肌だけでなく髪や頭皮にも色々なダメージを引き起こす。
  • 春夏は紫外線が強く、ダメージも特に強くなる。
  • 秋冬も紫外線対策は必要。
  • 帽子や日傘で紫外線対策をしていこう。
  • 帽子や日傘を使えない時には髪専用UVスプレーで紫外線対策を。
  • 紫外線を浴びてしまった場合は育毛剤などで保湿ケアを。