産後の抜け毛がひどい!このまま治らないかも・・?そんな時の対策法

ilm16_ad04017

 

スポンサーリンク

出産後に抜け毛が増えることはよくあることです。

毛髪を豊かに保つ役割のある女性ホルモンの一つエストロゲン。妊娠中は母体の健康を守るために増加した状態です。

よく、妊娠中に体毛が濃くなる人がいますが、エストロゲンともう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンが増加することで起こる現象です。妊娠して変化したホルモンバランスが通常に戻ろうとすることで、体のあちこちに変化が起こり、頭皮には抜け毛・細毛となって症状が現れます。

出産後、母体であった体が元の体に戻る際、急激に女性ホルモンが減少し、産後2,3か月頃から増え始めた抜け毛が産後6か月くらいの時期にピークを迎えます。

「産後脱毛症」「分娩脱毛症」などと呼ばれています。じょじょに体が妊娠以前の体に戻る産後1年くらいまでにはおさまる傾向があります。

ただし、産後1年以上でも抜け毛がおさまらない人や、ほとんど抜けない人もいるので個人差が大きいようです。

時間の経過とともに抜け毛がおさまり、髪の量が戻ればいいのですが、困るのは抜け毛の量が一向に減らなかったりそのまま薄毛になってしまったりするケース。

どうしてそうなるの?どうすればいい?対処法は?

 

いつまでも産後の抜け毛が続くのはなぜ?

出産後の抜け毛がおさまらないのは、原因が出産以外になってしまっているケース。

「ストレス」「栄養不足」「睡眠不足」「加齢」などです。

慣れない育児によるストレスや、忙しさによる睡眠不足、十分な食事をとれない場合も考えられます。

また、出産年齢が高ければ、産後の抜け毛がそのまま加齢が原因の抜け毛・薄毛に繋がっているかもしれません。若いころの出産と比べて体への負担も大きく、薄毛の原因になっているのかもしれません。

その他、多子出産であったり出産間隔が短かったり(年子など)、手のかかる赤ちゃんであったり、様々な原因が考えられます。

「おかしいな」「抜け毛が減らないな」と感じたら、早めに対策を取りましょう。

止まらない産後の抜け毛の改善法って?

産後のホルモンバランスの崩れが終わった後の抜け毛薄毛対策は、通常の女性の抜け毛薄毛対策と同様のケアをします。

詳しく解説した記事がこちら⇒どうする?女性の薄毛。自宅での改善法から病院での治療まで徹底解説!

産後専用の女性用育毛剤を使ったほうが良いの?

女性用育毛剤には、産後の抜け毛薄毛専用の商品が存在します。

産後専用なのはなぜかというと、無添加であったり刺激になる成分を極力排除して配合してあるからです。これは、授乳中であったり、万が一赤ちゃんの肌に付いたりしても安心だという観点から。赤ちゃんの安全には気を付けたいですよね。

ただし、産後専用の育毛剤は数も少なく、気に入ったものがなければ無理に選ばなくても大丈夫です。通常の女性用育毛剤にも無添加で肌に優しいものが種類も多く存在します。

1つだけ注意点があります。女性用育毛剤には「ミノキシジル」入りの発毛剤と呼ばれているものがありますが、妊娠中・授乳中には使用できないことになっています。強い作用のある「医薬品」だからです。

一方、医薬部外品の女性用育毛剤は肌に優しく、効果は穏やかですが赤ちゃんのいる家庭には安心。産後の薄毛・抜け毛にはこちらのタイプを使用しましょう。

女性用育毛剤について詳しく解説した記事がこちら⇒女性用育毛剤のあなたに合った選び方を解説|おすすめランキングも紹介!