プロペシアは女性が飲んではいけない薄毛治療薬|主成分フィナステリドが危険な理由って?

男性の薄毛、AGAの治療薬でプロペシアという薬があります。プロペシアの主成分は「フィナステリド」という成分です。

プロペシアはクリニックで処方されるか、個人輸入で入手できます。一般的なドラッグストアには売っていません。

もし、あなたの身の回りの男性がプロペシアを飲んでいても、女性は絶対に飲んではいけない薬なので注意してくださいね。

なんと、妊娠の可能性がある人は触ってもいけないんです。

 

身近なところにプロペシアが置いてあって、「薄毛の治療薬だよ」なーんて聞いて、ついでに飲んでしまうことなどないよう、気を付けてくださいね!

ここでは、女性がどうしてプロペシアを飲んではダメなのか、危険な理由を説明していきますね。

プロペシアが女性には効果が薄い上に危険な理由とは?

プロペシアはアメリカのメルク・アンド・カンパニー(Merck & Co.)という製薬会社が開発した、男性の薄毛(AGA)用の治療薬です。日本でも医薬品として認可されています。

 

男性の薄毛は男性型脱毛症(AGA)といいます。AGAは、男性ホルモンの一種「テストステロン」が血液中の還元酵素である「5αリダクターゼ」と結びつくことで「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンが生まれます。

この「DHT(ジヒドロテストステロン)」はヘアサイクルに影響を及ぼす強力なホルモンで、毛母細胞の働きを抑制し、薄毛を進行させてしまいます。

プロペシアの主成分であるフィナステリドは、「5αリダクターゼ」の発生を抑える働きがあります。

つまり、薄毛を引き起こす男性ホルモンである「DHT(ジヒドロテストステロン)」が、生まれる原因であるのが「5αリダクターゼ」。その「5αリダクターゼ」が発生しないように働いてくれるのが、プロペシアの主成分フィナステリドということになります。

 

女性の薄毛には効果が薄い理由

さて、女性の薄毛のには「5αリダクターゼ」の発生は関係ないのかというと、そんなことはありません。

女性の体内にも男性ホルモンは存在しますが、量は多くありません。「5αリダクターゼ」が発生してDHT(ジヒドロテストステロン)」としても、正常に女性ホルモンが分泌されている女性なら、薄毛になるほどの量にはなりません。

が、ストレスや更年期など様々な原因で女性ホルモンが減ってしまい、男性のAGAと同じような原因で薄毛になってしまうのが女性の薄毛一種であるFAGA(女性男性型脱毛症)です。

この、FAGAなら女性でもプロペシアが効きそうな気がしちゃいますよね。でも、日本皮膚科学会がガイドライン作成にあたり行った試験結果で、FAGAに対するフィナステリドの効果は薄い。という結果が出ています。

 

女性型脱毛症に関しては,フィナステリド(1 mg/日)を用いた,137 名の女性被験者を対象とした観察期間 1 年のランダム化比較試験において 1㎠あたりの硬毛数はフィナステリド投与群で-8.7,プラセボ群で-6.6といずれも減少し,フィナステリド投与群とプラセボ群の間で有意差はなかった。(日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」より引用)

さらに、女性が服用すると危険でもあるんです。

 

プロペシアを服用した際の副作用

まずは、先にプロペシアの副作用から説明します。
プロペシアは医薬品なので、副作用が出るケースがあり、主なものとしては以下になります。

  • かゆみ、じんましん
  • 睾丸痛、勃起機能不全
  • 肝機能障害
  • 乳房圧痛、乳房肥大

プロペシアが「5αリダクターゼ」の発生を抑えることで抑制する「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンは、男性器や性機能にかかわるホルモンです。また、吸収する際に肝臓に負担がかかることからこのような副作用の可能性があります。

ただし、副作用が大人ではなく、体内の胎児に出る場合はもっと重大な結果になります。

女性が妊娠中の胎児が男の子だった場合、性器の生成に「DHT(ジヒドロテストステロン)」を使います。ところが、プロペシアによって「DHT(ジヒドロテストステロン)」の発生が抑えられてしまった場合、胎児の男性器生成に悪影響をおよぼす危険性があるんです。

20~30代の女性はもちろん、更年期に入っていても妊娠の可能性がまったくないとは言いきれません。胎児に悪影響がある上に薄毛改善の効果が薄いプロペシアは女性は服用できないことになっています。

母乳に移行する可能性もあることから授乳中の人も特に注意が必要です。また、体の発育途中である20歳以下の男性も服用ができません。

<効能・効果に関連する使用上の注意>
(1)男性における男性型脱毛症のみの適応である。他の脱毛
症に対する適応はない。
(2)20歳未満での安全性及び有効性は確立されていない。
(3)女性に対する適応はない。〔海外で実施した閉経後女性
の男性型脱毛症を対象とした12ヵ月間のプラセボ対照二
重盲検比較試験(n=137)において、フィナステリドの
有効性は認められなかった

妊婦さんはプロペシアを触るのもダメ

本来コーティングされているものですが、割れたりするとプロペシアは皮膚からも吸収されてしまいます。妊娠の可能性がある女性、授乳中の女性は特に、触れたりしないよう気を付けてください

本剤が粉砕・破損した場合、妊婦又は妊娠している可能性の
ある婦人及び授乳中の婦人は取扱わないこと。本剤はコーティ
ングされているので、割れたり砕けたりしない限り、通常の取
扱いにおいて有効成分に接触することはない。〔

女性が服用できる薄毛の治療薬って?

sara
sara

効果が薄い・重大な副作用がある。という理由でプロペシアは服用できませんが、それ以外にも女性の薄毛で服用できる薬はあります。

ミノキシジル

女性でも服用が可能な薄毛の治療薬に、ミノキシジルタブレットがあります。
ホルモンに作用するプロペシアと違い、ミノキシジルは血流を改善することで毛母細胞を活性化し、発毛を促す薬です。

ただし、ミノキシジルにもやはり副作用があります。服用すると頭髪だけではなく全身の毛に効果が出てしまうので、体毛も濃くなる可能性があります。

また、実は国内未承認の薬なので、個人輸入か薄毛治療を行っているクリニックでしか入手できません。

管理人個人的には、女性が体毛が濃くなるのは絶対に嫌!と思うので、ミノタブはおすすめできません。もし興味がある人がいるなら、取り扱いのあるクリニックで受診して説明を受けるのが良いのかな、と思います。

関連記事:ミノキシジル入りの育毛剤は副作用が怖い!?女性が使う場合のリスクって?

パントガールとルグゼバイブ

パントガールとルグゼバイブは、医薬品ではなく「サプリメント」です。海外性なので個人輸入などで購入しますが、副作用の報告もほぼなく、安心して飲める反面、医薬品のような劇的な効果はありません

とはいえ、薄毛治療のクリニックでもこちらを採用しているところも多く、海外でも支持されている「飲む育毛剤」です。

詳しくはこちらのページを読んでみてくださいね⇒【女性用飲む育毛剤】パントガールとルグゼバイブの違いと口コミ、成分などを徹底調査!

まとめ

  • プロペシアは女性には重大な危険があるので服用できない
  • 妊婦さんは触れてもいけない
  • 女性が飲める薄毛治療薬は「ミノキシジル」があるが副作用に注意
  • 育毛サプリメントなら安全性が高い(パントガール・ルグゼバイブ)