医薬品、医薬部外品、化粧品の違い|女性用育毛剤選びで迷ったら?選び方を解説!

商品によって、女性用育毛剤は医薬品、医薬部外品、化粧品シャンプーは化粧品と医薬部外品に分かれます。

「医薬」..って書いてあると効果がありそうなのですが、

それぞれにどんな違いがあるのか?選ぶときにどうすればいいのか?

商品選びで迷っている人は読んでみてくださいね。

化粧品と医薬部外品と医薬品の具体的な違いって?

普段なにげなく買っているコスメでも、健康増進に積極的に働きかけるとされる「薬用化粧品」と呼ばれる医薬部外品に分類されるものがあります。

化粧品や医薬部外品、医薬品は薬機法(旧薬事法)によって定義されています。

 

【全成分表示義務】医薬品はあり、医薬部外品はなし

アレルギーのある人や敏感肌の人にとって、成分表示はとっても重要です。医薬品と化粧品には配合されている全成分の表示が薬機法によって義務づけられています。ところが、医薬部外品はその義務がなく、表示が義務付けられている成分のみ表示があれば問題ない。ということになっています。

医薬部外品が全文表示しなくてよいのは、製造販売の段階で厚生労働省及び各都道府県の許可・承認を受けないと製造できないためです。

ただし、実際に販売されている医薬部外品(薬用化粧品)を見てみると、ほぼ全成分表示をしているメーカーが多いのに気が付くと思います。

医薬部外品であっても、消費者からの信頼を得るためにそのようにしているのでしょう。信頼できるメーカーなのか?ということはこんな点からも判断できそうですね。

 

【効能効果】医薬品、医薬部外品は明記できる

医薬品と医薬部外品は薬用成分が配合されているため効能を明記できますが、化粧品には配合されていないので効能を書くことはできません

例えばニキビや肌荒れに効果がある場合、医薬品は「ニキビ治療」、医薬部外品は「ニキビを防ぐ」と明記する事ができるのに対し、化粧品は薬効を記載する事ができません。

 

薬事法は平成25年に改訂され、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」略して医薬品医療機器等法(薬機法)が公布されました。

化粧品も規制の対象となっているため、使用される成分にも制限があり、安全管理がより強化されています。

 

医薬品について細かく解説【処方薬と一般市販薬の違い】

医薬品には病院で処方される薬と市販の薬があります。一般市販薬は第1から第3類医薬品に分類され、副作用の危険度によって異なります。

多用してもそれほど大きな健康被害や副作用のリスクの低い医薬品は、第3類医薬品に分類されます。

それに対して、風邪薬や頭痛薬など用量用法を守らなければ健康上の被害があったり、運転中に睡魔に襲われる危険があるなど、危険度がより高いものは第2類医薬品に分類されます。

例えば点鼻薬には血管収縮剤が配合されているため、長期間高頻度で使用すると高血圧になる危険性があります。この様に自己管理が重要な医薬品は第2類に分類されます。

また、以前は処方箋が無ければ手に入らなかったガスター10やロキソニンなどは、薬剤師のいる薬局で購入可能となりましたが、用法用量を正しく守る必要がある市販薬は第1類に分類されます。

処方薬は医師や薬剤師の指導のもと正しく使用しなければ重篤な健康上の被害をこうむるリスクがあるため、全て第1類に分類されます。

例えば高血圧の人が飲む降圧剤は、多飲すると一気に血圧が下がってしまい意識障害の危険があります。用法や用量を間違えると重篤な健康被害や、命の危険がある薬については、医師の処方がなければ手に入れる事ができないのです。

 

医薬品、医薬部外品の育毛剤、育毛シャンプーについて解説

育毛剤は基本的に3つの種類に分けられます。化粧品と医薬部外品、医薬品です

医薬品は「発毛剤」と表記されており、医薬部外品は「育毛剤」、化粧品は「頭皮用美容液」や「スカルプエッセンス」と書いて販売されています。

みなさんがよく目にする女性用育毛剤は、大半が「医薬部外品」で、ドラッグストアや通販で買うことができます。

シャンプーはほとんどが「化粧品」分類の商品です。医薬部外品のシャンプーは、かゆみやべたつきケアのものが多く、育毛目的のものはあまり数が多くありません。

医薬品の発毛剤

医薬品は1~3類までありますが、第1類医薬品は特に注意が必要な分類です

ミノキシジルが配合されている「発毛剤」は、「第1類医薬品」です。本来なら薬剤師による対面販売でのみ買うことができるものでした。

現在は2014年6月に施行された改正薬事法により、インターネットでの通販も可能です(ただし薬剤師による確認が必要)

副作用が出る可能性もあるのですが、臨床試験でも顕著な効果のある成分なのがミノキシジルです。ただし、妊娠・授乳中の人は使用できません。

参考記事:「ミノキシジルの副作用が怖い!?女性が育毛剤を使う場合に気を付けたいリスクって?

女性用は現在、「リアップリジェンヌ」と「ロゲイン女性用」があります。

  • リアップリジェンヌ(第1類医薬品)
  • 女性用ロゲイン(米国製ですが日本の基準だと第1類医薬品)

ミノキシジル入りの発毛剤は、ネット通販でも買うことができます。(当サイトでは受診して処方してもらうことをおすすめしています)

詳しい説明はこちら⇒ミノキシジル配合の女性用育毛剤「リアップリジェンヌ」と「女性用ロゲイン」

男性用の発毛剤との違い

医薬品である発毛剤は男性用、女性用がはっきりわかれています。というより、明確に分けなければいけません。

ミノキシジル入りである発毛剤は、男性用は5%まで配合されていますが、男性よりも皮膚トラブルのリスクが高い女性用は2%までが限度とされているからです。

女性は男性用よりも薄毛が改善しやすいので低濃度でも十分効果があります。副作用を避ける意味でも、きちんと女性用を選ぶことが大切です。

女性用ロゲイン

ミノキシジル2パーセントの女性用ロゲイン

医薬品の発毛剤なら絶対に生えるの?

発毛薬である「ミノキシジル」入りの発毛剤が一番効果が高いのですが、絶対に誰にでも効果があるわけではありません

強い作用がある反面、肌に合わない人もいて、赤み、かぶれ、湿疹の症状が出る人もいます。敏感肌の人は注意が必要です。

また、ミノキシジル入りの女性用発毛剤「リアップリジェンヌ」の使用上の注意には、「壮年性脱毛症以外の脱毛症には使用しなくて下さい。」と書いてあります。壮年性脱毛症というのは、女性なら中高年世代のFAGAのことです。

つまり、壮年性脱毛症以外の、若年性の脱毛症や産前産後の脱毛症、生活習慣やストレスが原因の脱毛には効果がないということです。

FAGAが原因の薄毛の場合でも、女性の場合、他の要因(ストレスや生活習慣による血行不良など)も絡み合って薄毛の原因が複雑化していることも多く、いろいろな面からのアプローチで薄毛を改善していくのが望ましいです。

医薬部外品の育毛剤・育毛シャンプー

医薬部外品の女性用育毛剤には、厚労省が認めた(育毛に効果のある有効成分が、一定以上の割合で配合されています。即効性や劇的な変化があるわけではありませんが、長期的にケアしていくことで改善効果があります。

副作用などのリスクも低く、手軽に買いやすいのもメリット。

次からは具体的な医薬部外品の商品名です。クリックで個別の紹介ページに行けます。

女性用育毛剤

医薬部外品のシャンプー

女性用育毛剤、育毛シャンプーは医薬品や医薬部外品を選んだほうがいいの?

医薬品は治療目的の「薬」扱いです。当然体に対する作用には強い効果が期待できます。医薬部外品は、厚労省から認定されている成分配合で、「予防」の効果があります。

いっぽう、強いということはそれだけリスクもあるということ。効果の強さとリスク、どちらを取るかという選択になります。

また、「効能がある」と認可されていない成分でも、誰にとっても全く効果のない成分とは言いきれません。メーカー独自の検証結果からは良い結果が出ている成分もあります。

医薬部外品として商品を作ろうとすると、決められた有効成分を一定量配合しなくてはいけないので、なかなか独自のカラーが出にくいという側面もあります。

なので、「化粧品」分類の女性用育毛剤には、あえて医薬部外品での製品化はあきらめて独自の成分を配合したものもあります。

どの成分が自分にとって効果があるか、あるいはリスクになるのか、こればかりは個人の体質や症状によっても違います。

当サイトがおすすめする選び方

男性の薄毛の原因と違い、女性の薄毛は色々な要因が複雑に重なって起こっていたり、環境や精神面からの影響が引き起こしているケースが多いです。

反面、症状や原因に正しく対処することで改善しやすいのも女性の抜け毛や薄毛です。このサイトでは、最初に女性用育毛剤を選ぶときは、

  • 厚労省に認められた成分を一定の割合で配合してある
  • 強い副作用の恐れが少ない
  • 購入のハードルが低い

という3つの理由から、まずは医薬部外品の女性用育毛剤から選ぶことをおすすめします。

 

また、育毛シャンプーは化粧品でも医薬部外品という視点ではなく、洗浄成分がアミノ酸系のものから選ぶことをおすすめします。

女性用育毛剤についてはトップページから、育毛シャンプーについては専用ページからぜひチェックしてみてくださいね。

厳選!女性用育毛剤ランキング ≫

おすすめの女性用育毛シャンプーランキング ≫