女性の男性型脱毛症(FAGA)はどんな症状?原因と治療法を解説!

女性の薄毛の原因のうち、男性ホルモンによる影響での薄毛のことをFAGA(女性の男性型脱毛症)と言います

「男性型脱毛症なのに女性がなるの?」って不思議に思ってしまいますが、女性の体内にも男性ホルモンが存在するのでこういうことが起こります。

sara
sara

どんな場合に男性ホルモンの影響を受けてしまうのか、症状としてどんな特徴があるのか、治すにはどうすればいいの?

などなど、詳しく解説していきますね。

 

私ってFAGA?見極めるための症状と特徴

女性の薄毛の原因には、血行不良や皮膚疾患などがありますが、それらの原因で薄毛になった場合とホルモンバランスが原因のFAGAでなった場合にはどんな違いがあるのでしょうか?

FAGAの症状

  • 頭頂部の比較的広い範囲で薄毛が始まり、その後全体的に薄くなる。
  • 更年期以降
  • 生理不順
  • 多毛
  • 肌や頭皮などがべたべたする

このような項目に当てはまるものが多い人はFAGAかもしれません。

もちろん、当てはまらない項目があってもFAGAである可能性がないわけではありませんので判断に迷う場合は専門医を受診しましょう。

参考記事:病院での薄毛治療ってどんなことするの?

FAGAではない場合、血行不良などが原因で全体が均一に薄いケース、髪形などが原因で、負荷がかかっている場所だけが薄いケースなどがあります。

 

FAGAの原因

FAGAの原因はホルモンバランスの崩れです。

通常女性は女性ホルモンは優位ですが、更年期以降のホルモンバランスが不安定な時期や閉経後は、男性ホルモンのほうが優位に働く場合があります。

そうすると男性と同じく男性ホルモンが原因の薄毛(男性はAGA)になってしまいます。

AGAとの違い

AGAは、男性ホルモンの一種である「テストテロン」が5αリダクターゼという酵素と結びつき、ジヒドロテストステロン(DHT)を生成。ジヒドロテストステロン(DHT)が毛母細胞の働きを抑制してしまうことで起こります。

AGAの薄毛の特徴として、生え際のM字部分や頭頂部に完全に毛がなくなってしまうケースがありますが、女性の場合は女性ホルモンの影響が男性より残るので、薄くなりながらも完全になくなってしまうことはまれです。(進行度にもよる)

また、男性のAGA場合は血中のジヒドロテストステロン(DHT)の値の上昇がありますが、女性のFAGAの場合だとジヒドロテストステロン(DHT)の数値の上昇まで起こっていることはほぼありません。

なので、ジヒドロテストステロン(DHT)が生成される原因である5αリダクターゼを抑える薬「プロペシア」を飲んでも効果がなく、逆にデメリットが多いので服用が禁止されています。

参考記事:プロペシアは女性が飲んではいけない薄毛治療薬|主成分フィナステリドが危険な理由って?

びまん性脱毛症との違い

「びまん」とは「広範囲に広がっている」という意味です。

びまん性脱毛症とは、広範囲に広がった薄毛の「状態」のことを指します。

脱毛の状態のことを指す言葉なので、FAGAが原因でも、ほかの原因でびまん的に広がった薄毛の状態でも「びまん性脱毛症」と言ったりします。

 

FAGAはどうやって治療するの?

男性のAGAの場合、プロペシア(飲み薬)とミノキシジル(発毛剤)などで行います。

が、先ほど書いたように女性はプロペシアを飲むことができませんし、効果もないことが分かっています。

女性の薄毛治療クリニックで行われているのは、ミノキシジルの外用やパントガールの服用です。その他、クリニックごとにオリジナルの外用薬・服用薬などがあったりします。

また、ジヒドロテストステロン(DHT)を抑える栄養素としては「亜鉛」があるので、亜鉛の摂取を進められるケースもあります。

ミノキシジルに関しては、「発毛剤」というれっきとした医薬品です。なので、このサイトのスタンスとしては、個人の判断で購入するよりはきちんと受診して処方してもらうことをおすすめしています。

参考記事:ミノキシジル入りの育毛剤は副作用が怖い!?女性が使う場合のリスクって?

パントガールは個人輸入などで手に入れられる薬ですが、薬というよりはサプリメントです。安全性が高いのでこちらはおすすめ。亜鉛もサプリメントなどで摂取するのが手軽です。

パントガールは、成分そのままにプラセンタなど美容成分も追加した「ルグゼバイブ」もあります。実はこちらのほうが、最近では入手しづらいこともあるほど人気です。

参考記事:【女性用飲む育毛剤】パントガールとルグゼバイブの違いと口コミ、成分などを徹底調査

 

【まとめ】FAGAの特徴や対処法まとめ

  • 最初は頭頂部の広い範囲で始まり全体に薄毛が広がる
  • 男性ホルモンが優位になるのが原因
  • 更年期以降に多い
  • 正確な診断は受診して
  • プロペシアは服用できない
  • ミノキシジル外用(受診して診断してもらってから使おう)