アミノ酸系界面活性剤の効果と豆知識|よい洗浄成分の育毛シャンプーを見分けるには?

アミノ酸はタンパク質を構成する物質です。

人間の体や爪、髪の毛など、人体のあらゆる部分の源。

sara
sara

ここ数年のアミノ酸シャンプーブームで一般的にも知られるようになったアミノ酸系の洗浄成分は、肌や髪に近い弱酸性でとっても優しいと評判。

 

ここでは、そんなアミノ酸系の洗浄成分についてくわしく解説していきます。

 

アミノ酸系界面活性剤とは

アミノ酸系界面活性剤というのは、簡単に言えば肌に優しい低刺激の洗浄成分のことです。

 

シャンプーはもちろん、洗剤やボディソープ、洗顔フォームなどにも必ず含まれるのが洗浄成分。いわゆる界面活性剤です。

汚れを落としたり、べたつきをなくすために配合されますが、洗浄力が強すぎると肌に優しい成分ではありません。洗浄力が強いと肌に必要な油分まで奪ってしまうので、肌は乾燥し荒れてしまいます。

そもそも皮膚を保護するためには皮脂膜はなくてはならないもの。言うならば肌を守るバリアの役割をしているのが皮脂膜で、健康な人であれば自然に分泌して皮膚全体を守ってくれます。

正常な皮脂分泌があれば、本来ボディークリームなど必要ないほど、肌には貴重な天然の保湿液なのです。

脱脂力の強い洗浄成分は、簡単に汚れが落とせる一方で、皮膚は皮脂をたくさん失ってしまい、外からの刺激に対して無防備になってしまいます。肌に直接触れる洗浄剤は低刺激で肌の保湿力を奪わないものが理想です。

 

 

sara
sara

アミノ酸はタンパク質を作る素材であり、人の体にとって低刺激なことが一番の特徴です。

必要な皮脂膜を壊すことなく、適度に潤いを残して洗ってくれるので、肌の弱い方にとっても理想的な洗浄成分!

 

 

アミノ酸系界面活性剤の種類

アミノ酸には、

  • バリン、イソロイシン、ロイシンチオニンなどの必須アミノ酸
  • アルギニン、グリシン、アラニンなどの非必須アミノ酸

があり、全部で20種類あります。

アミノ酸の数とその組み合わせの数だけ、アミノ酸系界面活性剤の種類があります

サルコシン系

アミノ酸系界面活性剤に最初に使われたアミノ酸は、グリシンから生成されるサルコシンです。泡立ちが良く、弱アルカリ性で洗浄力があります。

反面、肌への刺激もアミノ酸系の中では強め

グリシンはコラーゲンや赤血球を作るアミノ酸で、スレオニンとセリンからも生成されます。摂取する事で不眠症が改善するなど健康に大きく貢献する栄養素ですが、洗浄剤に配合することで同じ効果があるわけではありません。

例えば、梅干しは食べて消化するとアルカリ食品ですが、それ自体は酸性となります。

栄養素は口から摂取する事で腸を通して全身に取り込まれますが、体の外からのアプローチでは異なる効果があるものです。

グルタミン酸系

最も多くの商品に使われている代表的なものはグルタミン酸系で、表示名はココイルグルタミン酸Naやラウロイルグルタミン酸Naなどです。

皮膚への刺激が極めて低く、アレルギー性もほとんどありません。また、目への刺激はあるものの軽微なもので、現在最も安全なアミノ酸系界面活性剤なのです。

グルタミン酸はアミノ酸系では最も低刺激ですが、そのぶん洗浄力も低くなります。

アラニン系、タウリン系、アスパラギン酸系など

洗浄力と低刺激のバランスで言えば、アラニン、タウリン、アスパラギン酸系がバランスが良いです。刺激も低く、洗いあがりがさっぱりしています

タウリン系はココイルメチルタウリンNa、アラニン系のココイルメチルアラニンNa、ラウロイルメチルアラニンNaなどがあります。

他にもイセチオン酸系のココイルイセチオン酸ナトリウムがあり、フケ予防にも有効です。グリシン系のココイルグリシンKも洗浄力がありながらも肌に優しい点で共通しています。

アスパラギン酸系は目に沁みにくいという特徴があるので、ベビーシャンプーにも採用されています。

 

この様に、どのアミノ酸洗浄成分なのかで、特徴も違ってきます。

アミノ酸系界面活性剤は肌と髪にどんな影響があるの?

アミノ酸系界面活性剤のシャンプーは、きしみがなく、洗いあがりもしっとりとしています。

美意識の高い人や、刺激を気にする人の間で満足度が高く、人気があります。健康な方はもちろん、低刺激なのでデリケートな肌質でも安心して使え、アトピーの人にも支持されています

何よりも、アミノ酸系の成分は髪と頭皮に栄養を与える事ができます。保湿効果が高いので、愛用することでしっとり感をキープできます。

 

アミノ酸系界面活性剤が合う人合わない人

 

髪と頭皮が健康になることを謳っていますが、成分との相性は人それぞれです。洗浄力が強いほうが好みの人は、物足りなさを感じてしまうかもしれません。

しっとり効果があるため乾燥肌の人には良くても、皮脂の分泌量が多い人には油分が残っている感があり、それを不快に感じるかもしれません。

  • アミノ酸系が合う人⇒乾燥気味の頭皮の人。髪のパサつきが気になる人。低刺激なものが良い人。
  • アミノ酸系が合わない人⇒オイリー肌の人。しっかり洗いたい人。

失敗したくない!良いアミノ酸シャンプーを選ぶには?

きちんとしたアミノ酸シャンプーを選びたいなら、洗浄成分がちゃんとアミノ酸系が主成分になっているか初めにチェックしましょう。

他の洗浄成分がアミノ酸系より多いのに、アミノ酸系が少し入っているだけで「アミノ酸シャンプー」と名乗っている商品もあるからです。

本当に頭皮に良いシャンプーは、成分をちゃんと確認しないとわからないんです。。

こんなタイプの「アミノ酸シャンプー」には気を付けて!

アミノ酸系の少ないアミノ酸シャンプーの洗浄成分

洗浄成分のうち、一番多く入っているのがスルホン酸系や硫酸系の場合は注意です。洗浄力が強いので、頭皮への刺激が大きくなってしまいます。

こんなケースはOK!

アミノ酸系の多いアミノ酸シャンプーの洗浄成分

これはアミノ酸シャンプーで一番多い組み合わせ。

一番多い洗浄成分がアミノ酸系、2番目がアミノ酸系と同じくらい優しいベタイン系です。この組み合わせなら安心。

可もなく不可もなく

ちょっと微妙なアミノ酸シャンプーの洗浄成分アミノ酸系が一番多いけど、洗浄力の強い成分も配合のケース。

エイジング世代の人でも、頭皮が脂っぽい人なら大丈夫ですが、乾燥肌・敏感肌の人は避けたほうが無難です。

抜け毛・薄毛・白髪やパサつき、髪のエイジングケアに悩んだらまずはアミノ酸シャンプーに変えよう!

fotolia_107845777_se

美意識の高い女性や、頭皮ケア・育毛ケアが気になる女性の間でアミノ酸シャンプーがブームになっています。

何がそんなに良いのか、メリットデメリットを踏まえて解説していきます。

なんでアミノ酸シャンプーは髪と頭皮に良いの?

アミノ酸シャンプーは、主要な洗浄成分がアミノ酸系界面活性剤のシャンプー。

アミノ酸というのはご存知、たんぱく質のもととなっている成分です。人間の肌や髪の毛はもちろん、たんぱく質で構成されています。

アミノ酸系洗浄成分は、人の成分に近い性質を持っているということになります。肌や髪になじみやすく、保湿効果が高いのが良いところ。髪と肌にしっとり感を与えてくれます。

アミノ酸シャンプーのメリット

保湿効果がある。低刺激。

アミノ酸シャンプーのデメリット

洗浄力が低め。すすぎ残すとかゆみが出るケースも。

育毛・エイジングケアには断然アミノ酸シャンプー

洗浄力の低さ、洗い残しのデメリットを差し引いても、年齢的に抜け毛・薄毛、ハリコシの無さに悩んでいる人の育毛・エイジングケアには断然おすすめ

頭皮への刺激を緩和し、パサつきがちな髪をしっとり仕上げてくれます。

また、育毛剤を使った育毛ケアにもアミノ酸シャンプーとセットで行うことで相乗効果をねらえます。

sara
sara

このサイトでは薄毛・抜け毛に悩む女性におすすめのアミノ酸シャンプーを紹介しています。

 

成分・口コミを比較してランキングを決定しました!ぜひ覗いてみてくださいね。

 

厳選!女性のための育毛シャンプーランキング